[喫茶ステラと死神の蝶]じっくり楽しめるおすすめエロゲー

作品名喫茶ステラと死神の蝶
ジャンルADV
メーカーゆずソフト
原画こぶいち むりりん
シナリオ天宮りつ かずきふみ 瀬尾順
ゲーム性抜き度ラブラブ度

あらすじ

主人公、高嶺昂晴は何気ない学生生活を送っていた。
だがある日、不慮の事故で命を落としてしまう。
そこで予期せぬことが起きた。
死んだはずだった高嶺昂晴が、目を覚ましたのだ。

しかもそれは——死ぬ当日の朝だった。
わけがわからないまま、もう一度、同じ一日を過ごす。
予知夢やデジャブのようなものではなく、一日の流れが全く同じ。
あまりの事態に恐怖を覚えながらも、死んでしまった、事故の場所を訪れた。
そして事故の瞬間——
彼は”死神”と”人語を喋る猫”と出会った。

そして告げられる言葉。

「死はまだ回避できていません」

高嶺昂晴は死ぬ運命から逃れるために、死神の仕事を手伝うことになる。
その方法とは、何故か喫茶をオープンさせることであった

世界を巻き戻し、”死”という現実を乗り越えた、高嶺昴晴。
だが引き寄せる”死”の因果からは逃れられない。
これは、己の運命と世界に挑み続ける1人の男の恋の物語——なのかもしれない?

ゆずソフト公式

作品紹介

キャラデザインのクオリティがめちゃくちゃ高い。
声優もバッチリハマってて、世界観にどっぷり浸かることができます。

ゲーム性はしっかりと作りこまれているので面白いです。
じっくりと楽しめる純愛系ですが、サンプルシーンにあるように、エロシーンもしっかりと描かれており、お気に入りのキャラとのエッチは十分にオカズとして使えます。

ストーリーも良いのですが、先にも書いた通りキャラクターの作りこみがすごい。
全員やりごたえがあって、それぞれのシナリオが良く、終わってみたら全キャラ好き!!となっていました。

基本的に好きに攻略していけばいいですが、私は最初と最後はおすすめしたキャラがいます。
最初はナツメのエンディングを見てから、次に行くことをオススメ。
最後は栞那、いろんな事実が明らかになっていくのですが、他のキャラルートを進める上では知らずに進めるほうが楽しめると思いました。

でもまぁ、二周目やるときには全部わかってはいるんですが、それでも伏線に気づいてニヤリとしつつ、数周はお気に入りのキャラで楽しめます。

ちなみにエッチシーンですが、エロいですよ?
抜き目的じゃない、でも抜ける。
CGは間違いなく綺麗なのですが、シナリオありきなので、エロシーンもさっくり抜くというよりも読まなきゃいけないとなると抜きに徹することは少し難しいかもしれません。

いずれにせよ、最高のゲームの一本に数えて間違いありません。